液体窒素による首イボの治療って大変なのでしょうか。体験に基づく液体窒素による首イボの治療

女性の悩みの種である首イボは、本当に困った物です。首は人から見ても目立つ部分ですから首イボは人目が気になります。また、襟やネックレスなどでこすれていつの間にか首イボが取れてしまい、血が出ていたなんて事も良くある話です。そんな厄介な首イボを簡単に除去するには皮膚科での治療が最適です。

参考材料>>首イボ https://kubiibocare.com/

特に液体窒素で焼いてしまう事が一番気楽で簡単でしょう。液体窒素での首イボの治療の流れとその後を簡単に説明します。

■首イボの液体窒素による除去方法

・まずは皮膚科に行く事
皮膚科で受付の人に首イボの除去をしたいと伝えましょう。首イボに関わらずにイボの治療や除去は皮膚科にとって珍しく無い事です。なのですぐに察してくれるでしょう。後は自分が呼ばれるまで待つだけです。

・治療方法とどれくらい痛いのか
首イボを液体窒素で焼くと聞くとなんだか怖い感じがしますね。しかし大した事はありません。大体の場合、治療法は綿棒に液体窒素を付けて首イボをちょんちょんって感じで触るのです。最初はそんなに痛みもありませんが、何度も液体窒素で首イボを触ります。

段々とヒリヒリした痛みが出て来ますが、我慢出来ない程痛いわけではありません。

■液体窒素での首イボ治療後

・治療が終わった後
首イボの治療は数分程度で終わります。段々とヒリヒリとした痛いが出て、治療した後が赤く腫れます。治療当日は結構赤く腫れあがり、目立ってしまいますが次の日のはすっかりと元の肌に戻っているでしょう。

・治療した後の状態とケア
大きいイボの場合は液体窒素での治療も多めになりますから、肌へのダメージも大きくなります。治療後に皮膚の皮が剥けて幹部に水が出てくる事もありますが、特に気にする必要はありません。当日我慢すれば大体の場合は治ってしまいます。どうしても気になる場合は絆創膏を貼っておくだけで十分です。

・何回治療をするのか
首イボの数や大きさによりますが、大体2回位皮膚科に通う様に言われます。しかし液体窒素で治療した首イボは最初の一回で取れてしまう事が多くあります。なので全部の首イボを治療したならば一回で済んでしまうでしょう。

・首イボ治療後の姿
首イボは時間が経つと黒っぽく変色してきます。その後はいつの間にかポロっと取れてしまいます。首イボが取れた後は数日様子を見て、すっかりと綺麗な肌に戻ればもう大丈夫です。まだ首イボがあった場所に小さなイボの後があった場合はまた数日様子を見ましょう。

気になる場合はまた皮膚科で治療をして貰います。以上が液体窒素による首イボの治療の流れです。費用も皮膚科によりますが、数千円程度で済みます。思った以上にお手軽で簡単に済んでしまいますので、首イボで悩んでいるよりはさっさと皮膚科に行く事をお勧めします。